個人の破産における手順においては、申請する人は一番初めに申請書を申し立て者の住む場所を監督する裁判所へ差し出すことになります。申し立て者による申立書が届いたら裁判官は破産申請の許可をするのがよい根拠があるか否かなどということを議論する流れになって、審査の完了したとき申請者に返済不可の状態というような自己破産の要件が十分備わっていた場合、破産申立の認可がくだるというわけです。けれど、承認があっても、返済責任がなくなったことにはなりません。加えて免責の判定を受けることが必要です。免責と呼ばれているのは手続きの際に支払いすることが困難な返済責任について、裁判所によりその返済を免除するということです。簡単に言えば返済額をゼロに戻すことです。免責の場合でも、自己破産申請の認可の時と似ていて地方裁判所で分析があって、議論の末に免責の判定がもたらされたとしたら、返済から脱することになるので負債額はゼロになるわけです、そうして、各種ローンやカードが使用できなくなることを除いて破産者の受ける不利益からも脱することになるのです。免責不許諾(義務をまっさらにしない)の判定がなされてしまうと借金およびの受ける不利益は残ることにならざるをえません。破産の法律の免責制はどうにもならない事情があって借金を抱えてしまい苦境にある方々を救助する枠組みです。ですので貯金を隠して破産申請の準備をしたりするなど、裁判官に向けて偽造の文書を届け出るなどの破産制度を悪用しようとする者であるとか、ギャンブルや暴飲暴食などの無駄遣いで借入を作ってしまった人間には、承認プロセスをストップしたり、免責手続きが不許可となります。法律によれば、免責の許諾を手に入れる資格が認められない事例を説明したケースの他にもいくつか明記してありそれについては免責不許可の要因と呼びます。