直接的でないクレジットの手法は簡明です。カードによって直に買えない販売物を直に買うのではなく、商品券を経由して購入した方がいいのです。理屈が明快な事により、先にギフトカードのケースを用いて述べてみようと思っています。例にあげようとしている人物がブランドアクセサリーを購入したいと迷っているとします。有名な銘柄のアクセサリーを販売している所では買いたくてもクレジット払いができないのです。しかしMasterCard、NICOSなどの商品券でなら支払いを許可してくれるようなのです。したがって例にあげようとしている男性はクレジットで商品券を購入してしまってを売っているショップに訪ねクレジットを利用してVISA、MasterCard、Diners clubなどのギフトカードを取り寄せします。そしてそのカードを利用して購入したNICOSなどの金券を販売店に携えて訪れ、手に入れたかった高価なアクセサリーを買い取ったとします。「なんでギフト券で購入した女性はそんな手間がかかる方法をしているのでしょう?」と疑うかもしれませんが実を言えばこの方法を使用するのだったら通常だと貯まることのないクレジットカードポイントが獲得できます。通常、現金を支払って高価な服を購入したりした時でもカードポイントはゲットできませんしVISA、MasterCard、NICOSなどの金券を直接お金で買い取り後に使ってもゲットできません。でも解説した場合の時はMasterCard、Diners clubなどのギフトカードをクレジットで注文したので価値のある服を購入した時とつりあう数のクレジットポイントがつく事になるのです。こういう事例が段階を踏んでキャッシングを活用した事であるので間接的クレジットカードと呼ばれている手順です。