車を所有しているあなたは承知していると思いますが自動車税という税金が課税されます。75-11-70

それでこれは、手放す中古車買取時に普通に戻ってくる税金なのです。75-4-70

これは少し自分でやるとすぐ頭に入ってきますが、それでは一つずつ流れを詳細に案内していきます。75-18-70

一応記載するならば、国産の車のみに限らず外車等も還ってくる対象になります。75-12-70

当然中古車についても当てはまります。75-10-70

自動車税は自動車の所有者が支払わなければならない税金で、税額はそれぞれの排気量で規定されています。75-6-70

1リッターより小さいのであれば29500円で、1リッターより上で1.5リッター以下までなら34500円になります。75-16-70

これ以降は500cc毎に5000円増加していきます。75-17-70

それからこの金額は4月1日現在ののオーナーが来年3月までの自動車税を支払うように定められています。75-8-70

ということは事前納付になるので、当然ですがクルマを売却して、オーナーでなくなった時では先に払った分のお金は戻ってくるんです。75-19-70

自動車税の場合は前払いでその年度の税金を納めますのでその翌年3月までの間に車を買い取ってもらったときは新たなオーナーがこの税を納めなければいけないということです。

売却先が専門店の場合は引き取り時にあなたが支払いすぎた税額を返金してもらえます。

まとめると、所有権が移転された瞬間以後の自動車税は入れ替わったオーナーが支払い義務を負います。

もしもあなたが10月のうちに自動車を売った時は、11月以降次の年の3月中までの払ったお金は返還されます。

それは、前述の通り自動車税は前払いであるという事実からも明らかです。

ということは前所有者は買取先に税金を返金してもらうということなのです。

個人間でクルマを引き取ってもらう場合、何気にこのような大切なことに気づかない方がいますためしっかり確かめるようにしなければなりません。

自動車税という税金は車を売却すると返ってくることを意外と知っている人が少ない事をいいことにその事実を隠す買取業者もあるのです。

自分から自動車税に関して言わなければ完全に税金のことに関して触れないという場面もしばしば見受けられます。

そのため愛車の買い取りを依頼する時には自動車税が返金されるかどうかを聞くことをおろそかにしないようにしなければなりません。